ウェディングアイテム、ブライダルアイテムって?

ウェディングアイテム、ブライダルアイテムって?

結婚式に喜ばれるウェディングアイテムも年々増え続け、種類も豊富にあります。
ウェディングアイテムは、結婚式や披露宴に必ず必要なものではありませんが、個性的な結婚式を彩るには最適なものが多いので必要に併せて用意してみるのもいいでしょう。
たとえば、「結婚新聞」というものをご存知ですか。
聞きなれない人も多いかとは思いますが、近年では人気急上昇のブライダルアイテムです。
これは、簡単にいうなら新聞風の結婚パンフレットで、ブライダル新聞・マリッジ新聞とも呼ばれる、二人の写真やプロフィールの乗ったペーパーアイテムです。
使い方は色々で、披露宴での各テーブルに配置したり、受付の際に席次表と一緒に配布したり、結婚式二次会でのプロフィール紹介にも使えます。
披露宴終了後のお見送りでドラジェサービスの変わりに配布するなど、個性次第で幅広く利用できるアイテムです。
最近は、新聞風だけではなく週刊誌風・映画チラシ風とユーモアあふれる個性的なものが好まれています。
披露宴会場の入り口においてある「ウエルカムボード」というものもあります。
これは、結婚する二人から招待客の皆様への挨拶の言葉を書いた小さな看板のようなものです。
お店で購入したり、インターネットで注文したりして入手することができますが、最近は手作りでつくるカップルも少なくありません。
披露宴会場に入るときに、おそらく一番最初に目にするであろうこのウエルカムボードは、二人の写真やイラストで招待客に「ようこそ」の意味を込めてもてなします。
同じように、招待客を人形でお出迎えするウエルカムドールや、招待客に入り口でお祝いのメッセージを書き込んでもらうゲストブックなどのウエルカムアイテムもあります。
また、結婚式や披露宴で使用した花嫁のブーケですが、この日一日で使い捨ててしまうのももったいないと思いませんか。
古くはヨーロッパ地方に伝わる「フルールアップリケ」というものがあります。
これは押し花のことで、結婚式に使用した生花のブーケを押し花にして額にいれ、記念として残すブライダルサービスがあります。

一生に一度の花嫁姿に必須アイテムのブーケ。
それを色あせることなく保存しておくことができるので、希望する人が増えてきています。
しかしながら、結婚式場のプランやオプションで対応してもらえないことや花屋さんに持参しなければならないこともありますので、事前に相談するようにしましょう。

ウェディングアイテム、ブライダルアイテムって?関連ページ

結婚式の演出はどうする?
披露宴での演出はどうする?