結婚式の挙式の種類

結婚式の挙式の種類

結婚する二人が結婚を誓い合う儀式の挙式ですが、挙式にもいくつかスタイルがあります。
しかしながら、そのスタイルの違いや意味については知らない人も多いのではないでしょうか。
主には、神前結婚式 ・教会結婚式・チャペル結婚式・仏前結婚式 ・人前結婚式 などがありますが、これらの違いは、「結婚の誓いや報告を誰に対して行うか」の違いだと思っていただければわかりやすいのではないでしょうか。
「神前結婚式」とは、日本固有の形式であり、最も一般的に行われている挙式といえます。
三三九度の盃で結婚を誓い合う挙式で、一般的には参列者は親族のみで行われることの多い日本古来の厳かな結婚式です。
本来は神社で行うものですが、最近ではホテルや結婚式場に祭壇を設けて利用する場合が多いようです。
「教会結婚式」とはその名の通り、教会で執り行われる挙式のことです。
結婚式場ではなく教会で行う結婚式のことを指し、結婚式場に併設されている教会「チャペル」とは別のものになります。
教会での挙式は、原則として新郎新婦のどちらかがキリスト教徒である必要があります。
また、挙式の形式はプロテスタントかカトリックかによって異なり、司式者のことをカトリックでは「神父」・プロテスタントでは「牧師」といいます。
「チャペル結婚式」とは、結婚式場やホテルに併設されているチャペルでの挙式のことです。
教会とは違い、チャペルは礼拝のために作られたもので神父や牧師は常駐していないため、挙式に合わせて手配することが必要となります。
教会での挙式が原則として新郎新婦のどちらかがキリスト教徒であることが必要なのに対して、このチャペル結婚式の場合はその限りではなく、キリスト教徒でなくても挙式をあげることができます。
「仏前結婚式」とは、「結婚する縁は、生まれる前からの因縁である」という趣旨でその因縁を祖先に報告し、仏の前で結婚を誓い合う挙式のことです。
主には、寺院や家庭の仏前などで僧侶を呼んで行われることの多い挙式で、宗派によって形式にも違いがあります。
「人前結婚式」とは、神や仏に結婚を誓うのではなく、当日挙式に参列した人々に対して誓い合う挙式のことです。

家族や友人・知人などが証人となって、新郎新婦が結婚証明書にサインをすることで結婚を誓い合う形式が多く、宗教や形式にとらわれることのない新しい形式の挙式と言えるでしょう。
このようにいろいろなスタイルがありますが、単に和装・洋装という違いではなく誰に対して誓いを行うかで形式が変わることを覚えておきましょう。