披露宴だけの結婚式

披露宴だけの結婚式

結婚式は、一般的には新郎新婦が神前などで結婚の約束をしての結婚式を挙げ、その後その結婚を知人や親類縁者に披露する披露宴がセットになっています。
現状では、結婚式は、結婚披露宴が終了して成立するとされていますが、法律上の制約は全くなく民事上の約束とされています。
最近では写真だけの結婚式で親類縁者だけで結婚式を行い、披露宴も語句少人数で行い写真を撮影するだけのものなどもありますし、キリスト教徒でもないのに協会で結婚式を挙げてレストランで披露宴を行うなど、いろいろな形の結婚式が行われています。
これらの結婚式に加えて、「結婚式を挙げる必要はなく入籍すればよいから披露宴だけで結婚式とする」というカップルも出てきています。
特にレストラン結婚式などは、非常に身近なこじんまりとしたレストランで行う場合は結婚式を行わすにレストラン披露宴だけとする場合や、結婚式は事前にすませておき披露宴のみをレストランやリゾート地を行うという場合もかなりの数、行われているようです。
結婚式で最も費用がかかるのが披露宴といわれますから、結婚式を省いても費用削減の効果は少ないものですが、特に女性にとって披露宴は人生で最も輝やく瞬間でもありますから、披露宴だけはと想う女性は多いのではないでしょうか。
披露宴で親類や知人・友人に今後一緒に暮らしていく2人をお披露目する披露宴。
その披露宴だけの結婚式、これも今後のカップルの選択肢の一つともなるでしょう。