結婚式の招待状作成の注意点とは?

結婚式の招待状作成の注意点とは?

結婚式の招待状は、式の二ヶ月前には投函します。
招待状は、式場でも用意してくれますし、自分で作成することも出来ます。
まず、招待状を送るために、招待客の住所録を作成します。
次に、差出人ですが、両家の親の名前で出す場合と、新郎新婦二人の名前で出す場合があります。
親戚関係は、親の名前で出した方が相手もわかりやすいですよね。
また、招待客が友人のみの場合は、新郎新婦の名前で出した方が良いでしょう。
もちろん、親戚関係と友人とで差出人を分けても良いと思います。
きちんと形式ばった式を行いたいのであれば、親の名前で出した方が良いですね。
文面には、婚約と結婚の報告を書きます。
そして、式の日取り、招待客の出欠の確認となります。
式に参列していただく方には、その旨を書いた付箋を同封します。
他にも、スピーチや余興をお願いしたい方にも、その旨を書いた付箋を同封しておいた方がいいでしょう。
また、別途電話などでお願いする必要もあるかもしれません。
あとは、出欠の返信はがきを用意します。
切手を貼るのを忘れずしておきます。
切手は慶事用の物を用意してください。

もちろん、招待状を入れる封筒にも、慶事用の切手を貼ります。
招待状を1セット郵便局に持参し、実際の重さを量ってもらうと料金不足にならずにすみますね。
会場の地図も忘れずに同封します。
地図は、式場で用意してくれますので、早めに手配しておきましょう。
宛名書きは、印刷でも大丈夫です。
ただ、印刷汚れなどが付かないように、封筒は多めに用意した方がいいかもしれません。
式の印象を決める招待状です。
失礼のないように、きちんと送りたいですね。